多頭飼いだと仲間もペットロスに?

ペットロスになるのは、何も人間だけではありません。

多頭飼いをしているような家だと、残されたペットもペットロスに陥ってしまうこともあるのです。

仲が良かったならなおさらです。

いつも一緒にいた遊び相手がいない。

寄り添って寝ていた相方が……。

ペットに『命』という概念があるのかわかりませんが、喪失感はあるのでしょう。

明らかに元気がなくなったり、甘えるようになったり、体調を崩したり、ということがあるのです。

スポンサーリンク

それがペットのペットロスです。

人と違って言葉が通じない分、話をして慰めてあげたりできません。

そんなときは、そっと優しく側にいてあげましょう。

普段より撫でてあげたり、声をかけてあげたりするのです。

時間が経てば、ペットもいなくなった子のことを受け入れてくれるはず。

亡くなった辛さは、飼い主も同様です。

その悲しみをペットが敏感に感じ、伝染してしまうこともあります。

しかし、悲しみを隠すことはできません。

残された者同士、寄り添って生きていくしかないのです。

ただ悲しむだけではなく、労わりあって癒しあい、共に前に進んで行きましょう。

関連記事(一部広告含む):