ペットが亡くなったらまた飼う?

ペットが亡くなって、ぽっかりと空いた穴。

何で埋めたらいいのでしょうか?

散歩していた時間、遊んでいた時間、癒されていたその時、見ていた面倒。

それらが手持無沙汰になってしまいます。

それならば、新しいペットを飼うのはどうでしょう?

『同じ種類のペットを飼うと思い出してしまって……』というのであれば、違う種でも構いません。

同じ犬でも違う種にしてもいいですし、犬から猫にしてもいいでしょう。

元々は好きで飼い始めたペットのはず。

スポンサーリンク

ならば動物が好きですよね?

飼っていれば、心が癒されていきます。

『亡くなったペットに申し訳ない』というのであれば、里子を貰ったり、処分されそうな動物を引き取ってもいいでしょう。

自分が飼わないとどうなるかわからない、そんなペットを飼うのです。

助けを必要としているのですから、『亡くなったペットに……』なんて思わないはずです。

それに、違うペットを助けることで、亡くなったペットも喜んでくれるかもしれません。

ペットの傷は、ペットで癒しましょう。

もちろん考え方は人それぞれで、無理に飼うことが必ずしも良いわけではありません。

心の整理をして、飼ってみたいと少しでも思えるなら、その声に耳を傾けてみてください。

ただし、新しいペットはお別れしたペットとは別の生き物です。

代わりと思ったり、比べたりするのは良くありません。

たとえ似ていても、違うのです。

新たに愛情を注いであげてください。

そうすれば、きっと新しい絆が生まれ、ペットロスからも立ち直ることができるはずです。

ペットの悲しみはペットが癒してくれることもあるのです。

関連記事(一部広告含む):