ペットとの別れの後も規則正しい生活を

ペットロスの悲しみから、生活リズムを崩す人も多くいます。

食事が喉を通らなかったり、なかなか寝付けなくなったり。

暴飲暴食や、お酒の量が増えてしまう人もいるでしょう。

心の乱れが、生活も乱れさせるのです。

しかし、それでいいはずはありません。

生活の乱れがさらに心を荒ませてしまい、悪循環に陥ってしまいます。

そのままでは悪い方に向かって行くだけです。

立て直すためには、生活をちゃんとする必要があります。

食事や睡眠はちゃんととるようにしましょう。

スポンサーリンク

亡くなった後も、生活リズムを変えないことです。

確かに、一緒に生活していたペットがいなくなると、そのリズムも変わってきてしまいます。

ペットの散歩のための早起きも、食事のための早い帰宅も、もう必要ありません。

ペットと遊んでいた時間も、いなくなれば何をしていいかわからなくなってしまいます。

ただ、どう過ごしたらいいかわからないうちは、今までと同じことをしておきましょう。

散歩の時間には一人で、あるいは家族と散歩に行ったり、ペットと過ごしていた時間は亡くなったペットのことを思い出したり。

それでいいのです。

変わらないことが大事なのですから。

あなたが乱れていくのを、亡くなったペットが望んでいるわけがありません。

あなたの笑顔を見たいに決まっています。

規則正しい生活で、笑顔を取り戻しましょう。

関連記事(一部広告含む):