ペットの魂はまだここに?

ペットを亡くして間もない頃、その鳴き声を聞いたり、姿を見ることがあります。

いつもいた寝床にいたような気がしたり、いつもご飯をあげていた頃に鳴き声が聞こえたり。

その度に『あれ?』と思うでしょう。

もちろん、そこにいるはずはありません。

もうお別れをしたのですから。

それは幻覚、幻聴です。

今までずっと側にいたペットが急にいなくなると、それをなかなか認められません。

スポンサーリンク

無意識に『いる』と思ってしまいます。

その無意識が、幻覚、幻聴を呼び起こすのです。

それが幻だったと気が付くと、やはり少し落ち込んでしまうでしょう。

『もういないんだ』と。

しかし、落ち込むことはありません。

幻覚や幻聴は、徐々に少なくなってくるはずです。

もしかすると、飼い主の悲しみを和らげるために、そのペットが見せている幻かもしれません。

急にいなくなるよりも、少しずつの方がショックは少ないですから。

そのペットの名残を、感じていればいいのです。

また、幻覚や幻聴以外にもペットを感じることがあるかもしれません。

もしかすると、それは魂ではないでしょうか?

天国に行く前に、挨拶しに来ているのです。

何も怖いことなんてありません。

きっと、感謝の気持ちを伝えに来ているのです。

だからあなたもそれにこたえましょう。

『ありがとう』と。

存在を感じられなくなる前に。

関連記事(一部広告含む):