思いは溜めずに泣き腫らす

ペットが亡くなったとき、どうしましたか?

泣きましたか?

それとも我慢しましたか?

可愛がっていたペットとの別れは、誰だって辛いものです。

でも、泣きたくても泣けなかった、という人もいるでしょう。

『子供たちをあまり動揺させないように』

『何となくペットとの別れで泣いちゃいけないと思って』

理由は様々でしょう。

スポンサーリンク

しかし、ペットとの別れで泣けなかった人ほど、ペットロスに陥りやすいというのです。

『悲しい』『寂しい』などの気持ちは、表に出さないと心の奥底に溜まってしまいます。

吐き出されなかった気持ちは、碇のように心を縛り付けます。

その碇がある限り、心は晴れないままです。

いつまでもペットとの別れの悲しみを、胸に抱いていなくてはいけません。

そうならないためには、ペットとの別れをちゃんと悲しむことが必要になります。

涙を我慢する必要はありません。

誰の目も気にせず、泣き腫らすことも必要です。

別れのタイミングでできなければ、いつでも構いません。

心の底に溜まった悲しみを、表に出すのです。

そうすれば悲しみから解放され、心が軽くなるはず。

思いは溜めずに、ちゃんと悲しみを感じましょう。

関連記事(一部広告含む):