写真やビデオでペットが生きた証を

最近はデジタルカメラがついている携帯やスマホが多く普及しているので、写真や動画もマメに撮っている人も多いでしょう。

ペットの写真も、子供の頃から飼っているなら、多く撮っているはず。

実際の子供よりも多い、なんてこともあるかもしれません。

子供の頃はペットも可愛い盛りです。

多くの写真を撮ったという人も多いのではないでしょうか。

それから時を経て、ペットが成長し亡くなるまで、写真を振り返れば、その一生が収められています。

ペットは寿命が短い分、その生涯を見守ることができるのです。

スポンサーリンク

ペットが亡くなったら、写真や動画でその一生を振り返ってみてください。

懐かしく感じるでしょう。

『子供の頃は可愛かったな』

『この頃はあんまり言うことを聞かなくて』

『病気になって大変だったよな』

写真は、一緒に生きた時間を思い出させてくれます。

その写真の一枚一枚が、別れの傷を癒してくれるのです。

ベストショットを選ぶのも楽しいはず。

生きた証として、アルバムを作るのもいいでしょう。

デジタルカメラなら、アルバム作成も思いのままにできます。

動画もフリーソフトを使えば、編集までできるのです。

アルバムを開けば、楽しかった日々の思い出がそこにあります。

生きた証を、その中に残してあげましょう。

関連記事(一部広告含む):