ペットを通じて命の重さを考える

人もペットも、命は限りのあるものです。

平等に生き、平等にその生を全うします。

身近な人々の命に触れることで、その重さを考えさせられてきたでしょう。

ある瞬間から、その人はいなくなる。

悲しいことですが、仕方がないことです。

しかし、最近では命に触れる機会が少なくなっています。

親戚付き合い、近所付き合いが少なくなったり、核家族化などの影響でしょう。

スポンサーリンク

自然とも触れ合うことがなくなった、というのもあります。

自然の中では多くの生き物が生きています。

昔は、そこで命に触れてきました。

生き物に向き合うことで、命の重さを考える機会があったのです。

けれど、最近ではその機会も減ってきました。

そのため、それまで命に触れずにいた人がペットを失ったとき、ペットロスに陥ることが多いのです。

私たちが生きていることは、決して当たり前のことではありません。

多くの奇跡や偶然、神秘があって、生きているのです。

それはペットも同様です。

ペットとの別れは辛いものです。

辛いのは命が重いからこそ。

ペットの命を通じて、生命の重さを考える良い機会なのではないでしょうか?

その別れをただ悲しいだけのものにせずに、生きていく糧にしなくてはなりません。

亡くなったペットは、そのことを教えてくれたのです。

関連記事(一部広告含む):