亡くなるまでの時間を大切に

ペットも生き物、徐々に衰えてきます。

歩く速度が遅くなったり、俊敏さがなくなったり、一日の大半を寝るように過ごしたり。

中にはぼけてしまうペットも。

人が老化するように、ペットも老化していくのです。

彼らは人よりも成長速度が速く、いつの間にか歳をとっています。

気が付くと既におじいちゃん、おばあちゃん。

人間なら、余命を考えるぐらいの歳です。

ペットに老化を感じたなら、飼い主も意識をしなくてはなりません。

スポンサーリンク

残りの時間の過ごし方を考えるのです。

ペットとの散歩の時間をかみしめたり、一緒に寝たりするのもいいでしょう。

いつもより写真を多く撮るのも、思い出になります。

また、最近ではペット可のホテルなども多いので、一緒に旅行に行くこともできます。

限られた時間を、一緒に過ごすのです。

ペットとの過ごし方を考えるのは、歳をとってからだけではありません。

若くても病気にかかってしまうペットも多くいます。

治りにくい病気も多く、余命を告げられてしまうこともあるのです。

悲しいでしょうが、悲しんでばかりもいられません。

残りの時間を有意義なものにしましょう。

ペットとの時間は限られたもの。

余命が少なくなると、そのことを意識させられます。

限られた時間を大切に過ごしましょう。

関連記事(一部広告含む):