あなたのペットの寿命は?

ペットの寿命はどのぐらいでしょうか?

ペットとして多い犬や猫は、20年も生きれば長生きな方です。

平均寿命は12、3年ぐらいです。

これはその種類にもよって変わってきます。

また、人と同じように生活習慣や食事、環境によっても変わります。

『ツルは千年、亀は万年』と言いますが、ツルは40年ほど、ゾウガメだと200年ほどで、言うほど長生きではありません。

ハムスターは2、3年、ウサギは5~10年と、小動物で人気のペットは比較的短命です。

スポンサーリンク

インコは種類によって7~40年と長生きの種もあり、オウムは50年で鳥類には長生きの種が多くいます。

また、鯉も寿命が50年と、長く生きてくれます。

自分の飼っているペットの寿命を把握しておくことも大事です。

そうすれば、お別れの時期がある程度予想できるからです。

予想して覚悟しておけば、ショックも少しは和らぐはず。

『あと〇年』と考えるのは少し寂しいですが、そう思えば残りの時間も大事に過ごせるでしょう。

ほとんどの動物は、人よりも長生きできません。

多くの人が飼うであろう犬や猫、その寿命は私たちの6分の1程度なのです。

そう考えれば、ペットとの別れは必然です。

どうしてもやってくるもの。

時に残酷に感じるかもしれませんが、その別れは受け入れなくてはならないのです。

関連記事(一部広告含む):