ペットを飼う前の大切な心得

ペットを飼う前に、肝に銘じておかなくてはいけないことがあります。

それは『ペットの一生を面倒見る』という覚悟です。

当たり前ですが、ペットは一つの命です。

人よりも大きな犬も、手のひらに乗るハムスターも、その点では私たち一人一人と変わりありません。

そして、ほとんどの動物は人間よりも寿命が短いのです。

そのことも意識しておかなくてはいけません。

人よりも早く成長し、その寿命を全うするのです。

犬や猫も、20年も生きれば長生きな方。

スポンサーリンク

飼い始めたときは子犬や子猫でも、あっという間に成長し、10年も経てばもう老犬、老猫です。

すぐに飼い主の年齢を追い越してしまいます。

ですから、多くの場合は人がペットを看取ることになるのです。

一生を面倒見るとは、そういうことです。

子供の頃はどんな動物でも可愛いものです。

しかし、必ず迎える最期。

その覚悟はありますか?

可愛がっていたペットを失うこと、想像してみてください。

それに耐えられないと思うのなら、飼わない方がいいかもしれません。

ただし、ペットを飼うというのはその悲しみ以上に楽しみもあるものです。

悲しみも楽しみも想像してみましょう。

その上で飼えると思えば、一生を面倒見る覚悟ができれば、ペットを迎えればいいのです。

関連記事(一部広告含む):