中学の時つぼにはまった「セカンド・ラブ」

中学3年生のときに、この中森明菜さんのセカンド・ラブが、卒業式あたりに流行っていたのですよね。当時、お付き合いをしていた彼は、私たちの住む田舎では珍しく、遠くの高校に進学という方だったのですよ。なので、もお、本当にセカンド・ラブをきくと、もうすぐいなくなっちゃんだよなーなんて、たった15歳の私も、切ない思いを重ねていたのですよ。

抱き上げて 時間ごと 体ごと 私をさらってほしい

スポンサーリンク

この心境だったのです。だって、毎日学校で会っていて、仲良くしていた彼氏です。いくら、15歳とはいえ、辛い辛いお別れでした。それに、遠くに行ってしまったら、きっと別れてしまうのだろうな、という気持ちを、幼いながらも、わかっていたような気がするのです。

中森明菜さんの曲は、セカンド・ラブ 禁区 など、当時の女の子達の状況を、歌にした、という感じの曲が多かったので、多くの女の子が、彼女のファンだったな、という気がします。

男の子は、どちらかというと、松田聖子さんファンが多かったかな?女の子は、断然、明菜でした。髪型も、聖子派、明菜派、と分かれていましたもんね。なつかしぃ。

関連記事(一部広告含む):