皆さんは何年(なにどし)生まれですか?ねずみ?寅?毎年、新年を迎える時、その年の干支が縁起物として飾られますが、日本では昔からこの干支が用いられてきました。

さて、干支は「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」の十二支からなっています。

干支というのは、旧暦で十干と十二支を組み合わせて、年月日をあてたもの、とされています。

60回ごとに1周する周期の暦が干支です。現代では、十干を用いることがなくなったことから、主に十二支の動物の名前を、干支と言うようになったようです。

それぞれに、その干支の意味があり、干支によってこういう年になるだろう、と言う予想もされますし、その干支に生まれた人の性格にも、干支ならではの性格が現れるといわれています。

性格というと、血液型で性格が違うとか、星座によって性格が違う、と言うことがいわれますが、干支でも、その年に生まれた人の性格を占うことができるといわれているのです。

現代っ子でも、干支は?と聞かれれば、僕は申年とか、私は酉年と言うように答えることができるこの干支。

干支でわかる性格を、ちょっとご紹介していこうと思います。

干支の性格

生まれた日の干支の性格

こんな記事も読まれています: