フロイトとユングについて説明を始めると、このコラム欄だけでは足りなくなるので両者の夢分析に話を戻しましょう。

夢分析は端的に言ってしまえば自己の精神的救済です。

自分では理解不能な悩みを抱いている時、夢から悩みの根本原因を探り、治療方法を考えるという手段です。

理解不能な悩みは確かに現代医学では治療不可能なところがあるので、そんな悩みを抱えている人は夢分析を試みるのも有効な手段でしょう。

ちなみにフロイトは精神分析学を、ユングは分析心理学を確立しており、それぞれ夢分析に対する方法論と結果の意味も異なっています。

精神分析学では、夢は抑圧されていた願望を幻覚的な充足を引き起こすことによって睡眠を保護する精神的機能と捉えています。

したがって睡眠が保護されない場合は精神的な危険信号が発せられていること、つまり夢見が悪いことになり、その夢を無意識(潜在意識ではありません)の部分まで探ることによって精神的な分析を行います。

分析される側は無意識に潜んでいる問題点に気がつかないために悩みを抱えているので、分析する側は夢に出てくるキーワード、本人の性格、生育歴などを一緒に考慮して、無意識が発信しているサインを拾い上げ、最終的に悩みの根本を判断するわけですね。

こんな記事も読まれています: