パーソナルカラーの検定、NPO法人日本パーソナルカラー協会だけでなく、一般社団法人の日本カラーコーディネーター協会(J-color)でも実施しています。

こちらの創設は2003年とNPO法人日本パーソナルカラー協会より2年遅く、検定も3級からのステップアップで1級までありますが、3級は実践的な検定というよりも「自分ブランディング」の意味合いが強く、検定内容もさほど難しくありません。

要するにパーソナルカラーの入門編で、活用することによって自分のスキルアップにつなげる、というお試しコースのようなものです。

1級になるとコンサルタントができるほどの知識が身につくと紹介されており、J-colorよりパーソナルカラー活用コンサルタントの称号が与えられます。

ただしJ-colorが行っている検定の2級に合格していなければなりません。

また講師認定講座もあり、これは事前審査に合格後、講座を受講してレポートを提出、実力が認められると認定講師に登録され、J-colorの名称を用いて講座を開くことができます。

「社団法人日本カラーコーディネーター協会認定講師による初心者のためのパーソナルカラー講座」なんてカルチャースクールを自分で開き、協会公認のテキストだの問題集だのドレープだの、販売できるわけですね。

上手に行えば、これだけでもビジネスにできるでしょう。

こんな記事も読まれています: