光が当たれば色彩が生じます。

つまり寝ている時以外、私達の暮らしは色彩に囲まれているわけで、その色彩によって精神が安定したり高揚したり、あるいは逆に不安定になったりします。

不確実性の高い要素としては「本日のラッキーカラー」なんて占い的なものもありますが、これにしても色彩で自己暗示をかけるという意味では十分に役立っているといえるでしょう。

色彩を組み合わせることによって生活の改善を図ることも可能なのです。

そこで注目されてきたのが一般的にカラーコーディネーターという職業や資格。

色彩の組み合わせはウェアだけでなく室内装飾や家具、雑貨など、あらゆる範囲のデザインにおいて重要なポイントとなるだけに、資格を習得しておくことはスキルアップと同時に新しい仕事の可能性を広げることにもつながります。

さらに色彩関係の資格で新しいのが、状況や時期に合わせて色彩を組み合わせ、空間や人物を演出するパーソナルカラー。

単純に「似合う」とか「素敵」という曖昧な表現は組み合わせた色彩に対する結果の感想ですが、この曖昧さをきちんと理論的に分析、求められる結果を事前に構築していくことがパーソナルカラーの特徴といえます。

パーソナルカラーの資格検定を行っているのはNPO法人日本パーソナルカラー協会。

どのような検定内容なのでしょうか?

こんな記事も読まれています: