自分のストレス耐性の弱い部分を先にカミングアウトしてしまうのは仕事だけに有効な手段ではなく、ストレスの予防策としていろいろな方面で活用できます。

たとえば恋愛とか。

恋愛は仕事や人間関係に劣らぬほどストレスを生じさせます。

好きな異性が前にいればドキドキしますが、これは突発的な現象によってアドレナリンが大量放出、身体的な危険察知を知らせて闘争か逃走の選択を迫る兆候と前述しました。

異性を前にして分泌されるドーパミンの闘争本能とは、すぐに異性を自分の遺伝子パートナーとして選ぶための求愛行為を行うこと。

逃走本能は遺伝子パートナーとしての求愛に対する緊張から逃れたいという本能です。

しかし、人間の恋愛は他の動物とは違い、本能だけで即行動に出ることはできません。

つまり好きな異性がいても、その好きという感情を我慢しなければなりません。

好きな異性がいるというのがストレッサーで、その好きという感情を我慢することがストレス、会った時に気に入られるような行動を取れるだろうか?とか、他に好きな異性がいるだろうか?と心配するのがプレッシャーですね。

というわけで、事項では恋愛におけるストレスを貯めこまないための予防法を紹介しましょう。

こんな記事も読まれています: