このタイトルに惹かれて読もうと思った人は、おそらく『成功』というキーワードに対して執着心のある人でしょう。

もちろん、誰にでも成功したい、という気持ちはあります。

ただし、成功を知っている人と成功を知らない、あるいは成功を成功と認識できない人がいます。

貴方はどちらですか?

もし、成功を知っている人が、さらに成功を望んでいるのならここを読む必要はありません。

なぜなら、成功までのプロセスを自分で体験し、その方法が経験値として備わっているのなら経験値の幅を少しずつ広げ、効率的にすればいいだけで、その経験値以上の内容はここにないからです。

成功の経験値を理解している人は、目の前にそびえる壁の向こう側に何があるか知っている人。

だからなんとかして壊そうと試みます。

その方法は非効率的だったり、荒っぽかったり、あるいは誰かの手を借りたり、大勢で壊すこともあったり、偶然性にも助けられたり、と人それぞれですが、ともかく壁を壊し、向こう側を見ることができれば、また壁が出てきた時、それを今度は前回よりも上手に壊そうと試みることでしょう。

けれど、壁を壊さず目の前で眺め、誰かが壊してくれるのを待つ人は永遠に壁の向こう側に何があるのか、自分で見ることはできません。

成功を知らない人は、そういう人です。

もし、貴方にそれが当てはまるなら、ここで、少しだけ助言ができるかもしれません。

こんな記事も読まれています: