厄年の厄とは、これまで記述してきたように一定期間で積もったストレスによって災厄の起こる可能性が高くなる年齢を示しています。

したがって、取り立てて厄年だからといって悪いことと頻繁に遭遇するというわけではなく、予防策としては日々、小さなストレスを溜め込まずに対処しておくことで厄年は無事、乗り切ることができるわけですね。

突発的な不慮の事故は厄年だけに起こることではないので、これは避けられない現象といえるでしょう。

ただし、不慮の事故の中にも自分の注意力散漫によって不幸を受けてしまうこともあります。

この注意力散漫も肉体的、精神的疲労が原因となるので、やはり毎日の生活で過度なストレスは厄年に関わらずけっしていいものではないということになります。

以上のように、厄年だからといって不安になったり、ありもしない不幸に対して過敏になったりして行動制限を起こすのは甚だ愚かな行為といえるでしょう。

厄年がきになるようであれば神社仏閣で厄祓いをするのもいいですが、これも所詮は自分の注意力を高めるだけの効果しかありません。

厄年だから、といって運気を他力本願にせず、むしろ逆境を幸運に変えるくらいのパワーを持って臨みましょう。

こんな記事も読まれています: