厄年でも災厄は起こるものだし、逆に物事が好転することもあります。

それでも気になる人は神社仏閣で厄祓いや厄落としの祈祷をお願いしましょう。

神社仏閣には厄祓いをしてくれる神様やご本尊が祀られています。

まずは厄祓いに効果を発揮する、これらご本尊について説明しますね。

まずは日本神話におけるスーパーヒーロー、素盞鳴尊(スサノオノミコト)。

日本誕生の神様、伊弉冉尊(イザナギノミコト)が目を洗った時に生まれた神様で、神様が住む高天原にいた頃は暴れん坊の不評が高く、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の岩戸隠の原因にもなりましたが、人間界に降りてからは草薙剣を得てヤマタノオロチを退治、この時から悪霊退散に神力を発揮する神様となりました。

また神仏習合の神社ではインドの神様、牛頭天王との合体も果たしています。

牛頭天王は釈迦の生誕地、祇園精舎の守護神とされており、疫病の神様でもあるので厄祓いには最適の神様といえるでしょう。

素盞鳴尊が祀られているもっとも有名な神社は京都の八坂神社です。

全国各地にある八坂神社にも祀られているので、素盞鳴尊と牛頭天王の強力な厄祓いパワーを得たい人は近隣の八坂神社を探しましょうね。

こんな記事も読まれています: