和漢三才図会は正德2年(1712)に刊行されていますが、それより遡ること約15年の元禄10年(1697年)頃、尾張藩士で国学者の天野信景(あまのさだかげ)は全千巻にも及ぶ随筆集「塩尻」で厄年に触れており、14巻には「42は四二になり、死に通ず、我が国では男42、女33、異邦7歳、16歳、34歳…」と著述しています。

直接に厄年、とは書いていませんが、ここで異邦7歳、と書いていることにより、和漢三才図会における厄年の7歳と合致するので厄年であることが伺えます。

ちなみに異邦とは中国のことですね。

ここで注目したいのは42歳がしに、と読めることから縁起が悪い、と言っていること。

とにかく江戸時代は駄洒落、つまり言葉にダブルミーニングを持たせることが流行っていました。

江戸時代のダブルミーニングや駄洒落は現在にも多く継承されていますが、これは後述するとして、上記のように男の42歳が縁起が悪いことに対して女性の33歳は、ご想像通り、さんさん、つまり散々に通ずることから本厄とされました。

これを書いたのは江戸中期から後期の戯作者(げさくしゃ)、田宮仲宣(たみやちゅうせん)。

京都呉服問屋に育ちましたが、放蕩が過ぎたことから放浪生活を送り、洒落本の「枠宇瑠璃(くろうるり)」などを著述して生計を立てていた人物です。

こんな記事も読まれています: