世の中には予兆もなくいきなり災厄に襲われるレアケースがあります。

確かにその不条理は避けようもありませんが、偶然にもその災厄が厄年だったりすると、事後に必ず訳知り顔をする人がいます。

たとえば一般的にガンの発症は男性が50歳代前半から急激に発症率が高くなり、女性は40代後半から緩やかに伸びており、厄年とはまったく無関係ですが、厄年前後に発症すると比較的発症率が低いことからどうしても目立ってしまいます。

そんな時に限り、「厄年だったから」とか「厄祓いしないから」とか、根拠不明の発言を聞いたことがあるでしょう。

人間の不安感には隙間がいっぱいあり、その隙間にはいともたやすく、根拠不明でも不安感を払拭するための材料が入り込んでしまいます。

これが「とりあえず厄祓いしておこう」とか「厄除けぐらいやっておいても損はないし」という心理を生むわけですね。

もちろん神社仏閣が不安感に対して隙間を埋めるような根拠不明材料を発しているわけではありませんが、出所不明な宗教やカウンセラー、スピリチュアル系の物品販売やハンコを売る占師、といった類には十分注意しましょう。

そんな連中に相談したり、物品を購入したところで災厄は必ずやってくるのですから。

こんな記事も読まれています: