ジンクスとは、もともとは『縁起の悪い言い伝え』のことです。

『黒猫が前を横切ると災いが起きる』とか、『自分の国から東側にある国に戦争を仕掛けると負ける』などのジンクスが世界各地にあります。

そのように、海外では良くないことが起きる道しるべのように使われています。

しかし、日本でのジンクスはそうではありません。

悪いことが起きるときにも使いますが、良いことが起きる場合にもジンクスと呼びます。ore-1209″>

日本には、多くのラッキーなジンクスがあるのです。

ジンクスの多くは迷信です。

全くの根拠のないものもたくさんあります。

しかし、それなりの理由があるものもあります。

たとえば『プロ野球では入団二年目は活躍できない』というものです。

これは一年目に活躍しても、二年目はマークされるからなかなか活躍できない、という理由で言われています。

そうならないためには、二年目は前年よりもさらにスキルアップする必要があるのです。

そのように、ジンクスから学べることは多くあります。

『〇〇すると悪いことが起きる』というのも、気をつけておけば回避できるかもしれません。

ただ、そのような悪いジンクスを常に意識しているのも、あまり良いことには思えませんよね。

まだ起こってもいない悪いことを意識しすぎると、体や気持ちが縮こまって前に進めなくなることもあるからです。

それよりも、ラッキーになれるジンクスを意識して、前向きにジンクスを使ってみましょう。

こんな記事も読まれています: