心に残る言葉、というのは個人差こそあれ、誰でもひとつやふたつ、あるもの。

名言・格言額!心に残る言葉の贈り物

それが身近にいる人なのか身内なのか、それとも過去と現在を問わず偉人や著名人なのか、それはどうでもいいことで、その言葉が自分の中で行動指針になったり、痛みを持っていた精神を和らげてくれたり、人に優しく接することができるようになったり、と自分が少しでも変わることができたとしたら、その言葉は貴方に取って揺るぎないパワーを与えてくれる源であることは間違いありません。

不思議ですね。

概念を伝達する手段でしかない言葉が、組み合わせることによって人を大きく動かす原動力となるなんて。

しかし、原動力となる言葉は欲する人の琴線に触れた時しか発動しません。

迷いを持っている時に明確な方向を示してくれた時、その言葉が原動力となります。

心に残る言葉は他人が決めた立派な言葉ではなく、結局のところ、自分自身で選択した言葉なのです。

新約聖書のマタイ伝に記された言葉にもありますね。

「求めよ、さらば与えられん」と。

まだ心に残る言葉を持たない人は焦る必要なんてありません。

心に残る言葉を求めようという気持ちさえあれば、やがていつかは琴線に触れる言葉と出会えるはずですから。

座右の銘と言葉の力!名言・格言・言葉額

こんな記事も読まれています: