大勢の人の前だと上がってしまうという人は少なくないでしょう。

人前での発言、プレゼン、発表会。

人の前に立つような場面は避けていても回ってくるものです。

多くの人の目が自分に注がれていると思うと、「みんな自分のことをバカにしているのではないか」「間違えたら笑われるんじゃないか」なんて被害妄想に陥ってしまいます。

確かにそういう目で見ている人もいるかもしれません。

ですが、多くの人はそんな風に思っていませんし、やはり被害妄想に過ぎないのです。

とわかっていても、それでも緊張してしまうのはなかなか治らないもの。

克服するためには、アファメーションを唱えましょう。

アファメーションは言葉の力です。

と同時に、自己暗示でもあります。

上がり症とは、精神的な思い込みです。

アファメーションで自分に暗示をかけることで、その思い込みを覆すのです。

アファメーションは上がり症を克服するのに適しているのです。

■あがり症を克服するアファメーション

・私は人前が好き

・人の視線を浴びていると気持ちがいい

・私を見ているのはカボチャ

・皆が私を待っている

・主役は自分だ

こんな記事も読まれています: