学校や会社の外で習い事をやっている人もいるでしょう。

若い人なら、ピアノや水泳、バレエ、ゴルフ。

最近では少子化の影響で子供一人にかける教育費も増えています。

学校の教育や部活などでは限りがあります。

スポーツでも趣味程度ならいいのでしょうが、プロを目指したりするのなら部活では足りないでしょう。

一流の環境に身を置いた方が、より高いところまで行けるはずです。

大人になってからでも習い事をやっている人もいます。

多いのは英会話でしょうか。

仕事で使うからと、大人になってから始める人も多いようです。

また、趣味で始めたダンスだったり、今までできなかった楽器を始める人もいるでしょう。

趣味とは言え、始めると上達したいと思うものです。

好きこそものの上手なれ、とは言いますが、好きでやっていても思ったように上達しなくて、悔しい思いをすることもあります。

習い事を身に付けるのにも、アファメーションは適しています。

どんなことでも「やれる!」と思うことが大事なのです。

自信をもって臨めば、結果は後から付いてきます。

せっかくの習い事、アファメーションで自信を持って、楽しくやりましょう。

■習い事を身に付けるアファメーション

・私は〇〇が上手い

・私は〇〇ではすでに人に教えられるほどの腕前だ

・英語が話せるようになって、多くの人と知り合えた

・趣味が特技になった

・これで食べていける

こんな記事も読まれています: