「勝負は時の運」

なんて言葉を耳にしたこともあるでしょう。

確かに勝ち負けがつくものは、よっぽど差がない限り、必ず勝つ、必ず負けるなんてことはありません。

プロ野球で優勝するチームだって、勝率は7割もいかないものです。

つまり、3割以上は負けます。

逆に最下位のチームだって4割ぐらいの勝率は残します。

そこには圧倒的な差なんてないのです。

どれだけ練習しても必ず勝てるわけでもなく、ちょっとのことが勝敗を分けます。

それが“運”ということだってあるのです。

もちろん、運だけで決まるわけではありません。

じゃんけんだって、いろいろと考えて勝負するでしょう。

運だけで決まるわけではないのですが、互いに同じ実力があった場合、少しの運が味方をした方が勝つということは十分にあります。

練習をするのは前提として、勝負運を上げることが勝ちに近づくことになるのです。

勝負運を上げるには、アファメーションを利用しましょう。

アファメーションは自己暗示に近いものがあります。

アファメーションの力で、勝てるイメージが強くなってくるはずです。

そうすれば勝ちやすくなります。

アファメーションで勝てる自分になるのです。

■勝負運を上げるアファメーション

・自分は勝てる!!

・私の勝ちは既に決まっている

・勝負の運も手にしている

・結果に見合う努力をしてきた

・勝つためだけに来た

こんな記事も読まれています: