人との付き合いも大事ですが、中には別れなくてはいけない人、別れたい人もいます。

例えば親と子供。

親としてはいつまでも自分の子供は心配で、子離れもなかなかできないでしょう。

それでも、思っているよりも子供は成長しているものです。

あまり過保護にしていては、成長を妨げることにもなり、子供のためにはなりません。

逆に、子供もあまり親に頼り過ぎるのも困りものです。

自立しなければ、いつまで経っても大人になんかなれないでしょう。

「早く大人になりたい」と思うのなら、親離れをしなくてはならないのです。

親子関係だけではなく、男女の関係でも同様です。

不倫や浮気など、別れなくてはと思っていてもずるずると関係を続けている人もいるのではないでしょうか。

頭では別れるべきとわかっていても、つい付き合ってしまう。

それを続けていては、明るい未来は多分ないでしょう。

建設的ではない関係なら、離れた方が得策です。

そこに強い意志が必要なら、アファメーションの力を借りればいいのです。

アファメーションの力があれば、離れたい人と離れられるはずです。

■人と離れるアファメーション

・あの人とはもっと距離をとった方がうまくいく

・親子はどんなに離れても親子だから問題ない

・仲がいいのと距離が近いのは別

・あの人とはもう交わらない関係だ

・離れるのがお互いのため

こんな記事も読まれています: