一生を左右するもの、それは就職かもしれません。

学校を卒業してどこで働くか、それによってその先の人生は様々です。

学校に行くのは小学校から大学まで行っても16年です。

人生の多感な時期を過ごすとは言え、80歳まで生きたとしたら人生の5分の1に過ぎません。

一方で大学を出てから65歳の定年退職まで仕事をするとしたら、40年以上あります。

人生の半分以上を働いて過ごすのです。

会社によって給料や環境も変わります。

その会社によっては人生の生きがいを見つけることもあれば、長い人生を惰性で過ごしてしまうことにもなりかねません。

あるいはブラック企業にこき使われるなんてことも。

どこに就職するかが、大きな分岐点になるのです。

良い大学を出たからと言って、良い会社に入れるというものでもありません。

第一、何が良い会社かなんて、人それぞれの価値観です。

自分に合った会社が良い会社ということ。

そこに入るため、努力も必要になります。

しかし、ときとして努力だけではどうにもならないと感じるかもしれません。

それならばアファメーションの力を借りましょう。

就職活動を成功させてくれる後押しになってくれるはずです。

■就職を叶えるアファメーション

・一生を捧げられる会社に入社できた

・自分に合った良い会社だ

・仕事とプライベートと、ワークライフバランスが抜群だ

・会社も私を必要としているし、私も会社を必要としている

・人々を笑顔にするため、私は就職した

こんな記事も読まれています: