福耳というのがあります。

耳たぶの大きい耳のことです。

耳たぶが大きいと福を呼び、金運がやってくる、と言われています。

これは福の神である七福神の大黒様の耳たぶが大きいことから言われているのだそうです。

また、仏像でも福耳の仏像が多く、古来から福禄長寿の相とされていました。

実際に福耳の人が必ずお金持ちになれるとは限りません。

そうではない人もいますし。

それでも、福耳の人って、どこか安心感がありませんか?

何かを任せても大丈夫そうな。

福耳の人が笑顔で営業にでも来たら、つい安心して話を聞いてしまいそうです。

そういった周りに人々に与える安心感が、福を呼ぶのではないでしょうか。

耳たぶの大きさは生まれたときに決まっています。

しかし、大きくする方法もあるのです。

それは、毎日耳たぶを引っ張るのです。

何とも原始的な方法ですが、意外と効果はあります。

気がつけば耳たぶが大きくなって、福耳になっているのです。

そうすれば金運が上がること間違いなし……かどうかはわかりませんが、福耳がツキを呼んできてくれるかもしれません。

しかし、一週間や数ヶ月では福耳にはなれません。

癖になるぐらいに何年もやって、やっと効果が出るのです。

ただ、なってしまえば福耳は一生ものですから、やって損はないでしょう。

こんな記事も読まれています: