言葉や感情にはポジティブなものとネガティブなものがあります。

古来、声に出して発せられた言葉は、何らかの力を持つと考えられていました。

それを言霊と言います。

ポジティブな言葉であればポジティブなことが、ネガティブな言葉であればネガティブなことが起きる、あるいは影響を及ぼす、と考えられていたのです。

確かに言葉が与える影響は大きくあります。

不安なことを考えていたり、言葉に出すと、実際にその不安は増長されてしまいます。

反対に、心配事があっても大丈夫と自分に言い聞かせれば、大丈夫と思えてきて乗り越えられる気になってくるでしょう。

そのように、言葉が現実を作り出すことだってあるのです。

では、ツキはどちらの言葉に寄ってくるでしょうか?

やはりポジティブな言葉です。

前向きな言葉を使っていると、自然と前向きになってきます。

そして前向きな気持ちのある場所に、ツキは回ってくるのです。

ツキは後ろ向きのジメジメした環境を好みません。

前向きのカラッとしたところを好むのです。

ですから、自然と前向きなところに集まってきます。

『ツキがない』『ツキさえあれば』とか、ネガティブに思っている限り、ツキは来ません。

ツキなんてなくても頑張る、それぐらい前向きな気持ちのときにツキはやって来るのです。

まずは前向きな言葉や行動。

そうすればツキが助けてくれるのです。

こんな記事も読まれています: