ツキを呼ぶ言葉があります。

それは『ありがとう』です。

その一言でツキを呼び込むことができるのです。

『ありがとう』という言葉は、元々は『有難い』という風に書きました。

有ることが難しい、つまりあまりあり得ないことの意味でした。

滅多にない、珍しくて貴重だ、という意味で使われていたのです。

それが僧侶などが会得している仏教の教えが有難いものとされ、宗教的に感謝の気持ちを表す言葉となりました。

そして、一般的にも感謝の言葉になっていったのです。

人にしてもらった親切などは、決して当然のことではありません。

それは有難いことなのです。

ですから、そういうときは素直に『ありがとう』と言葉にしましょう。

ありがとうという言葉は、プラスの気持ちです。

そのプラスの言葉の力は、さらにプラスの力を呼びます。

そしてツキも呼び込むことができるのです。

ときには辛いことや悲しいこともあるでしょう。

そういうときでも感謝の言葉を忘れなければ、ツキを呼び込むこともでき、乗り越えられるはずです。

『辛いことでも乗り越えられれば成長できる、ありがとう』

そう思えれば大丈夫。

ツキが打開してくれるはずです。

こんな記事も読まれています: