手相占いを信じますか?

どこどこに線があると金運が上がるとか、この線が長いと長生きするとか。

手のひらには何本もの線が刻まれています。

その線の全てが、それぞれ意味のあるものなのでしょうか?

手のひらのしわだけで、未来が決まってしまうなんてことはありません。

ただ、手相というのは実は占いではなくて、統計学なのです。

お金持ちにはこの線がある人が多かった。

長生きしていた人の手のひらにはこの線があることが多かった。

そうやって、手相というのは出来ているのです。

ですから、その線で決まるわけではないのですが、『比較的』ということなのです。

100%信じることはなくとも、信頼できる点もあるのです。

手相は3ヶ月で変わると言います。

ですから、今の手相に一喜一憂せずに、気になったら手相を見てみるのもいいでしょう。

また、手相は自分で書くこともできます。

好きな線を書けば、それは力を発揮するのです。

自分の望むものを具体的にイメージしながら書くとより果的です。

自分で書いてツキを呼び込みましょう。

同じように、ホクロもその位置によって意味を持ちます。

これも手相と同じく統計学の一つなので、同様に自分で書いても効果があります。

好きなところに思いをこめて、ホクロを書いてみましょう。

ホクロや手相がツキを呼び込むのです。

こんな記事も読まれています: