ポジティブに物事を捉える人と、ネガティブに捉える人。

その考え方で、同じ出来事も変わってきます。

たとえば、車に轢かれて全治3カ月の怪我を負ったとしましょう。

客観的に見れば不運なことかもしれません。

しかし、考え方によっては幸運とも思えてきます。

交通事故なんて、一歩間違えれば命を落としてしまう可能性だってあります。

それなのに、三か月で済んだ。

なんてラッキーなんだろう。

そう思えば、それは幸運なのです。

反対に、その不運をネチネチと呪っていても、何も解決しないでしょう。

怪我の治りも遅くなるように思えます。

今朝の占いでは一位だったのに、悪いことが起きた。

全然当たらないじゃないか、と怒るのは簡単です。

けれど、それだって、一位だったからこれぐらいで済んだんだ、とだって思えますよね。

それがツイていたのかはわかりません。

でも、そこにツキがあったのなら、それに気付かないのはもったいないです。

不運とも思えるところにツキが転がっているかもしれませんよ。

こんな記事も読まれています: