コインを投げて表か裏か。

確率は50%です。

多く投げれば、それだけ50%に近づいていきます。

一千回、一万回も投げて統計をとれば、ほぼ50%でしょう。

ただ、表と裏が交代で出るとは限りません。

10回ぐらいなら連続で同じ方が出ることだってあるかもしれません。

つまり何回もすれば50%でも、少ない回数なら100%だって0%だってありうるのです。

表が3回も続いたら、次は裏が出るのではないか?と思ってしまいます。

それはあくまで統計の話です。

実際には、4回目も、5回目だって表が続くことだってあるのです。

確率は、回数を重ねた統計の中では役に立ちます。

しかし、次が表か裏かは教えてくれません。

そういうとき、確率に頼るのではなく、その場の流れを読みましょう。

流れが次を教えてくれます。

こんな記事も読まれています: