スポーツは『ツキ』で左右されることが少ない、と言われますが、ゴルフは比較的『ツキ』の要素が多く含まれるスポーツといえます。

『ツキ』というより『運』と言った方がいいでしょう。

自然の中で(もちろんゴルフ場は作られた競技施設ではありますが)行うだけに、雨や風などが競技に大きく影響し、しかも競技者全員のイコールコンデションとはなりません。

グリーン目指してフェアウェイから最高の1打を放っても、そのプレイヤーの時だけ上空で強い向かい風が吹き、グリーン手前の池に落ちる、というケースも珍しくありません。

凡庸なプレイヤーであれば、「なぜ自分が?」と不運を嘆くことでしょう。

この事象を見て、ゴルフは不公平な競技だと思いますか?

もし、この事象を見て不公平な競技と思う人は、人生が不公平と嘆いている人でしょう。

ゴルフは人生と似ています。

確かに運、不運がつきまとう競技ですが、その1打を打つ前までは突風が吹くことは量子力学における不確定性に当てはまり、まったくの予知不能です。

つまりゴルフの不公平さは1打を打つまで、さらに言えばスタートする前には誰にも分からず、その意味では公平なのです。

誰にでも『運」や『不運』が訪れる、と考え、それを受け入れながら『不運』のリスクを避けていくのが優れたプレイヤーなのです。

ゴルフ、人生に似ているでしょ?

こんな記事も読まれています: