「病は気から」

人の心と体は繋がっています。

どちらかだけが健康だったり、どちらかだけが不健康だったりということはありません。

心が不健康なら体も病んでしまいますし、体調を壊していては心も病んできてしまいます。

逆に言えばどちらかを健康に保てれば、心身ともに健康でいられるということです。

とは言え、常に健康体でいられる人というのは少ないかもしれません。

日々の生活で体が疲れて風邪をひいてしまうこともあるでしょう。

あるいは人間関係などで心が疲れてしまうこともあります。

そんなときにこそ、心身ともに健康なときのことを想像してみてください。

健康のありがたみがわかるでしょう。

羨ましく感じるかもしれません。

健康なときは特に何も思わないかもしれませんが、健康に気を遣わなくていいというのが既に幸せなことなのです。

心身の健康が気をみなぎらせ、充実した日々が送れる要因になります。

そのときの充実した気持ちを想像してみます。

そうすれば健康な体を、健康な心を引き寄せることができます。

病は気から。

健康だったときの気持ちを思い出せば、すぐに良くなるでしょう。

こんな記事も読まれています: