学校の受験以上に人生を左右することになるのが、就職かもしれません。

学校を卒業すれば、約40年を社会人として過ごすことになります。

そこでどんな仕事をするか、どんな人と出会うか、どれだけの報酬を得られるか、会社選びで変わってきます。

学校を卒業するときは同じところに立っていても、就職という分岐点をどこに進むかで、大きく変わっていくのです。

ただし、なかなか就職活動も大変なものです。

「早く決まればどこでもいい」「とにかく就職できれば」

そう思っている人も少なくはありません。

かと言って、あまりこだわらなければすぐに就職が決まる、というわけでもありません。

どこでもいいと思っている人に限って、意外と決まらないものです。

また、会社のネームバリューなどに囚われて、中身を見ないで就職しようとする人もいます。

良い会社に就職することが重要だと思っているのです。

有名な会社に就職すれば幸せになれるのでしょうか?

そうとも限りませんし、そういう考え方をしている人もなかなか就職できなかったり、できたとしても「こんなはずじゃなかった」と後悔する人も多くいます。

就職活動での成功は、どこでもいいから就職することでも、人より良い会社に入ることでもありません。

自分が理想とする人生が実現できる環境に近づけるかが大事なことです。

そのためには、就職して何ができるか、どんなことをしたいか、それらを具体的に考え、そのときの自分の気持ちを想像するのです。

そうすれば、その想像がベストな就職を引き寄せてくれるでしょう。

中身のあるこだわりを追い求めることが、就職で成功する鍵なのです。

こんな記事も読まれています: