子供が欲しいと思っていても、できない人はできないものです。

検査して特に問題がないのにできない、という人も少なくありません。

そもそも、子供を産むということは簡単なことではないでしょう。

子供が出来るということは、ある意味奇跡に近いものです。

1年近く母親のお腹の中で育ち、世の中に産まれます。

それだって、大変なことです。

そして、産まれてもいろいろと心配事は尽きません。

ちゃんと友達を作ることはできるか、学校でいじめられはしないか、受験や就職は上手くいくか、いくつになっても心配してしまいます。

そんなことを考えていると、子供を作ることが躊躇われるかもしれません。

子供を作ることに不安がない人はいないでしょう。

しかし、その不安が子供を遠ざけている場合が往々にしてあるのです。

ネガティブな感情はネガティブな事象を招いてしまいます。

本当に子供が欲しいと思うなら、ネガティブな感情は捨てましょう。

子供に対する心配だって、子供がいればこそです。

そう思えれば、その心配ですら嬉しいもの。

もっとわくわくした感情に目を向けましょう。

「子供ができたら楽しい!嬉しい!」

そう思っていれば、きっと赤ちゃんを引き寄せることができるはず。

心配し過ぎず、子供のいる生活を楽しみにすればいいのです。

こんな記事も読まれています: