※女性の方はコチラ ⇒ モテる秘訣!モテる女の恋愛十か条

モテる男になるための第五条、金を使え!の続きです。

前項ではデート代を割り勘にせず、貯めたお金を使うように説明しました。

とはいえ、お金が無尽蔵にあるわけではないので、計画的に使わなければなりません。

しかし、逆に計画的になることがデート代を持つことのメリットになるのです。

限られた予算で女性と楽しいデートをするためには、女性の好みを下調べし、どのデートスポットに行くのか、食事はどの店を選ぶのか、メニューは何にするのか、それらを入念に調べて、なんとか予算内に収めようと工夫する努力が必要になります。

つまりデートにおける主導権を握れるわけですね。

女性に「今日はどこに行く?何を食べる?」と聞くよりも「今日はここに行こうよ、この店に行こうよ」という男性の方が確実にモテるのです。

なぜならば、主導権を発動できる、というのも女性に取っては優秀遺伝子のひとつだから。

加えて、女性が知らないような店へ連れていき、そこが安くて美味しい店であれば調査能力の高さも認められることになります。

ただし、女性は男性から見て突発的な行動に出ることもあります。

何が何でも自分の立てたプランに固執せず、突発的な行動にも対応できるリスクマネジメントを持ってデートに臨んでください。

柔軟な対応性もまた、女性から見た優秀遺伝子なのです。

こんな記事も読まれています: