絶好調!

あまり使う機会がない言葉かもしれません。

最近、使いましたか?

言葉には言霊というものがあります。

ネガティブな言葉を使うと、その人の気持ちも周囲の人の気持ちでさえもネガティブにしてしまいます。

反対にポジティブな言葉を使えば周りを明るくすることもできるのです。

みんなのアファメーション倶楽部

『絶好調!』が口癖だった元巨人の中畑清は、入団して間もない頃、長島監督に「調子はどうだ?」と聞かれて「まあまあです」と答えました。

それを見たコーチが「まあまあの選手なんてつかってくれるわけがない。嘘でもいいから絶好調って言え」と言われてから『絶好調!』が口癖になったのだそうです。

そしてその後、チームのムードメイカーとなりとなり、レギュラーとしても定着しました。

『絶好調!』と口にしていたら、ちょっとポジティブな気持ちになれます。

調子が悪くたって、言い続ければ『あれ?本当に絶好調なんじゃないかな?』と思えてきます。

仕事でも何でも、調子の良い人に任せようと思うものです。

明るい気持ちは、周りも明るくします。

いいですね?

今日から『絶好調!』を口癖にしてください。

それだけで普段より10ワットぐらい明るくなるはずですから。

※お祝い・プレゼントに心に残る言葉の贈り物。筆文字アート!福招く開運額は、ご自宅・店舗のインテリアや、誕生祝い、開店祝い、新築祝い、還暦祝い、各種記念品・引出物等、大切な方へのプレゼントに最適。一言メッセージ・記念日を無料でお入れします。

福招く開運額

こんな記事も読まれています: