この記事を書くために、私が我が家の黒猫シャーロックの筋肉や骨格を調べまくっていたら、イライラが溜まったのか猫パンチを私にお見舞いしてくれました。

かなり短気なヤツです。

まあ、猫は捕食動物の中でも犬や狼などのように獲物を長時間追い回して疲労させてから狩るような根気がなく、獲物を見つけたらこっそり近づき、瞬発力で一気にしとめる速攻型なので短気でも仕方がありません。

野生動物ではチーターとかライオンとかタイガーとか、ネコ科の種類は皆、この速攻型ですね。

筋肉には持久力はあるけれど瞬発力に乏しいTypeⅠ、瞬発力はあるけれど持久力が乏しいTypeⅡx、その中間であるTypeⅡaの3種類に分けることができます。

犬はこのうちTypeⅡaの割合が大きいのですが、猫はⅡxの割合が圧倒的に多く、その筋肉量の割合はチーターをしのいでいます。

瞬間的な速度は50km/h、100mを7秒台で駆け抜けることができるというのですから、ウサイン・ボルトでも追いつくことはできません。

逆に言えばボルトが逃げても捕獲されてしまう、ということですね。

猫に追われるようなことがあったら、素直に諦めて猫パンチをもらう覚悟をしておきましょう。

こんな記事も読まれています: