猫とツキの不思議な関係

猫の不思議&運とツキと干支の話 検索キーワード 【猫ツキ】

筒井康隆ワールド全開の「パプリカ」

筒井康隆氏の「パプリカ」は1993年に出版されたサイコ・SF小説です。

パプリカとは、精神医学研究所に努める優秀なPT(サイコセラピー)治療者、千葉敦子のもうひとつの顔となっている夢探偵の愛称です。

小説では西進医学研究所の派閥争いから、千葉敦子と同僚の時田浩作が開発した他人と夢を共用できるデバイス、DCミニが盗まれ、それを奪い返すために夢の中でパプリカが活躍するという物語。

エンターテイメントのように思われますが、随所に筒井氏のブラッキーな部分と不条理な部分が交差しており、読み進むうちに得体の知れない不安感が襲ってきます。 [続きを読む…]

なぜ夢を見るのか?というメカニズムの前に

夢はすべて記憶から生まれます。

人に言えないような恥ずかしい内容でも、荒唐無稽な物語でも、それらを自分で体験していなくても何らかの記憶(小説や映画、人から聞いた話など)が無意識で組み合わされ、メッセージとなって表れるのです。

もちろん、そのメッセージには重要なものもあれば、まったく無価値なもの(お金が欲しい、とか好きな子とキスしたい、とか、そんな類)もあります。

しかし、これら無意識からのメッセージがなぜ構築されるのか?さらに言えば夢をなぜ見るのか?それは現在でも解明されていません。

フロイトやユングの夢分析、夢解釈についても意識と無意識については物理的な立証はなく、単なる理論に過ぎません。 [続きを読む…]

クスリでは治らない精神的な病気も回復へ

前項では夢分析の簡単な例を上げましたが、実際はこれほど簡単なことではありません。

とくにユングの精神分析学はコミュニケーションによって夢の内容を広げていきながら無意識のメッセージを探る拡充法を用いるため、問題の収束までは慎重かつ時間がかかります。

しかし結末が見えてくるに従い、本人の気がつかないところの原因が分かってきて、治療がうまくいった際は心の中のモヤがすっかり晴れた気分になることもあります。

また悩みを意識できない場合の治療にも有効的です。 [続きを読む…]

夢から田中さんを探りだす

フロイトとユングの夢分析、あるいは夢解釈の方法論は違っていても無意識のメッセージを探り当てて精神的な治療に当てるという意味では変わりありません。

夢分析の簡単な例を上げてみましょう。

ある日を境に、毎日、同じ郵便配達が手紙を届けに来るけれど、その手紙の中身は白紙だったりまったくの意味不明の文章だったり、という夢を見るようになったとします。

時には驚くような内容が書かれている時もありますが、起きた時には手紙の配達だけを覚えていて内容はすっかり忘れてしまっているという状況が続いたことによって、寝不足が続き、ストレスが溜まったために夢分析を受けたとします。 [続きを読む…]

無意識からのメッセージを読み取る

フロイトの精神分析学は医学的なので分かりやすい部分もあるのですが、ユングの分析心理学は理解するという意味でやや複雑になります。

フロイトの方法論があくまで治療者が患者の無意識を探ることに対し、ユングの方法論は治療される側と治療する側がコミュニケーションを取りながら、夢の中に現れる無意識(潜在意識ではありません)のメッセージを読み取ることに重点が置かれています。

どちらも無意識から探るという方法は同じですが、そこに現れるキーワードの解釈が大きく異なっていることが両者の特徴でしょう。

無意識からのメッセージは本人が気がつかないことが多いため、第三者の介入が必要になってくるわけですね。 [続きを読む…]

夢分析が精神的救済を行う

フロイトとユングについて説明を始めると、このコラム欄だけでは足りなくなるので両者の夢分析に話を戻しましょう。

夢分析は端的に言ってしまえば自己の精神的救済です。

自分では理解不能な悩みを抱いている時、夢から悩みの根本原因を探り、治療方法を考えるという手段です。

理解不能な悩みは確かに現代医学では治療不可能なところがあるので、そんな悩みを抱えている人は夢分析を試みるのも有効な手段でしょう。

ちなみにフロイトは精神分析学を、ユングは分析心理学を確立しており、それぞれ夢分析に対する方法論と結果の意味も異なっています。 [続きを読む…]

フロイトとユング

では、夢はまったく個人の役に立たない、無用の産物なのでしょうか?

一概にそうとも言い切れないところが夢の面白いところでもあり、だからこそ夢、つまり脳の研究が進められているワケですね。

前述したように、夢が後世に残る発明や芸術の端緒にもなりましたが、それらが端緒となった原因を探る前に、現在の夢の研究がどのように進んでいるのか、それを検証していきましょう。

夢が、古代から続いていた占いやお告げから切り離されたのは前出のフロイトとユングによる夢分析が提唱されてからです。

フロイトはスイス出身で1856年生まれ、ユングはドイツ出身の1875年生まれですから、ほとんど同世代と言ってもいいでしょう。 [続きを読む…]

潜在意識が希望を叶える夢になることはない

夢はなぜか潜在意識と結びつけられます。

そも、潜在意識という言葉がどこから生まれたのかよく分かっていません。

おそらく、精神分析学のジークムント・フロイトや分析心理学のカール・グスタフ・ユングが意識の存在に対する領域として用いた無意識が、いつの間にか自分に取って都合の良い夢物語の実現のために、顕在意識の対語として潜在意識という言葉が生まれたのでしょう。

ここで無意識を説明するとテツガク寄りになってしまうので省きますが、夢に意味を持たせようとする人の多くは、顕在意識が睡眠によって消失状態になっているため、潜在意識(無意識)が個人に取って有利な情報を流している、という独特の理論を持っています。 [続きを読む…]

予知夢の訓練は無駄な行為

予知夢にはまったく根拠がなく、偶然でしかありません。

しかし、世の中には予知夢を売り物にしている人もいます。

大抵は曖昧、抽象的な表現を用いて事象を表し、結果から抽象を解説するわけですね。

手品よりもタチが悪いのですが、なぜかこれに引っかかる人が多くいます。

個人だけならともかく、予知夢を売り物にする人は時に、大災害までも自分の広告材料にし、「事前にこの悲劇を夢で見ていた!」なんてことを言ったりもします。 [続きを読む…]